コラム : Rayce′ビューティーサロン 名古屋市 緑区

トップページ セラピスト アクセス お問い合わせ

お問い合わせ お試しコース:名古屋 緑区 フェイシャル、アロマ、ブライダルエステ、リンパマッサージ セルライトマッサージ Rayce′ビューティーサロン オフィシャルブログ:名古屋 緑区 フェイシャル、アロマ、ブライダルエステ、リンパマッサージ セルライトマッサージ Rayce′ビューティーサロン フェイシャル スキンケア ボディケア・リンパマッサージ ブライダル エステ アロマ 美容整体 加圧トレーニング
保育を希望される方へ コラム お客様の声 求人案内 レイズマタニティ 介護・福祉・医療のアロマセラピー|福祉の講師派遣 レイズ 痩身エステ

コラム

アロマセラピーかアロマテラピーか?

アロマセラピー(Aromatherapy)は、アロマテラピーともいわれます。

お客様から「どっちが本当なの?」とよく聞かれますが、私個人としては「どっちでも良いです」という考えです。

aroma(アロマ)は、ギリシャ語で香辛料という意味です。therapie(セラピエ)は、ギリシャ語で治療を意味するセラピュアからできた単語です。アロマセラピーはこれらの単語を語源とした造語です。

アロマセラピーという言葉は、1937年にフランスのガット・フォセによってつくられました。フランス語ではAroma thrapieとなり、フランス語的な発音だとアロマ“テラピー”になると言われています。ですので、英語読みではアロマセラピー、フランス語読みではアロマテラピーとなるというだけのことです。

ちなみに、アロマスクールの先生が、「フランス人にAroma thrapieを発音してもらったけど、”テラピー“とは聞こえなかったよ。」と話していましたので、それ以来 私は「アロマセラピー」と発音しています。



           看護師/アロマセラピスト 渡邉直美